業務内容

相続

相続

相続とは、ある人が亡くなったとき、その人(=被相続人と言います)の財産を一定範囲の親族(=相続人と言います)に受け継がせることです。財産には、預貯金、有価証券、不動産などのプラスの財産のほかに、借入金や未納の税金といったマイナスの財産も含まれます。

相続手続きの代行

司法書士が行う相続手続きの代行業務とは、亡くなった方の遺産の相続手続きを、相続人の皆様に代わって当事務所が代理して行うサービスです。亡くなった方(被相続人)の預貯金の相続手続きや生命保険金の請求、自宅不動産の相続登記など、亡くなった方にまつわる権利・義務の相続手続きを行います。

遺言

遺言を作られる事情は依頼者の方によって千差万別です。ただ一つ共通しているのはご自身の気持ちを残したいということ。私はそこをサポートさせていただきたいと思っております。どんな些細な質問や疑問も丁寧にお答えいたします。

会社設立

事業を新たに始めようとするときや、個人事業主から法人成りをしようとするとき、現在会社法が改正され、今は誰でも簡単に会社を作ることができるようにりましたが、やはり法律の専門的な知識は必要です。また、有限責任や税金など、会社設立のメリット・デメリットもしっかり理解しておくことが大切です。

商業・法人登記

商業・法人登記の制度とは,会社等に関する取引上重要な一定の事項(商号・名称,所在地,代表者の氏名等)を,法務局の職員(登記官)が専門的な見地から審査した上でコンピュータに記録し,その記録を一般の方に公開することによって,会社等の信用維持を図るとともに,取引の相手方が安心して取引できるようにすることを目的とするものです。株式会社その他の法人の代表者様には、商業・法人登記を申請する義務があります。

不動産登記

不動産登記とは、建物を新築した場合や土地を購入した場合「ここに自分の建物を建てました」「ここは自分の所有する土地です」と主張するために,必要な手続きです。登記をしなければ所有する証明になりません。

成年後見

認知症や精神障害などの理由で判断能力の不十分な方は,不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり,遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また,自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい,悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し,支援するのが成年後見制度です。

債務整理

債務整理とは、法律的にその方の借金を一旦見直して、無理のない生活を送る、という借金で困っている人を再生させる方法のことです。債務整理には「過払い金返還請求」・「任意整理」・「民事再生」・「自己破産」の4種類があります。

裁判代理・裁判書類作成

認定司法書士であるLINKでは、裁判書類作成裁判所に提出する書類を代わりに作成することや、簡易裁判所の範囲内の裁判代理を行うことができます。
犯罪被害者支援

犯罪被害者支援

司法書士が犯罪被害者の支援をするなんて変に思われるかもしれません。司法書士は簡易裁判所管轄事件における代理権を取得し、確立しました。お困りのことがありましたら、一歩踏み出してご相談ください。

税務申告

当事務所では、税理士による税務申告の代行を行っております。1年間で、ご自身や会社がどれだけお金を稼ぎ、どれだけの税金を払うのか、それを明確にするための煩雑な業務を専門家が代行して行います。

税務その他

税務申告以外にも、多岐にわたり税務に関するサポートを行っております。